起こってはいけないことの交通事故でももしも起こってしまったら弁護士に相談しましょう。

無保険の悲劇

どんなに気を付けていても交通事故は起こってしまう場合はあります。

交通事故が起こった場合、基本的には自賠責保険と任意保険によって保障されます。

 

自賠責保険によって補えなかった所を任意保険によって補うことになりますが、
交通事故の相手が無保険だった場合、相手に返済能力がないと、自賠責では
補えなかった分については泣き寝入りになってしまう可能性があります。

 

よってその場合は自分の任意保険の車両保険を使用し、車の修理を行うか、
裁判を起こして相手からとるという方法もあります。

防ぎきれない

自分の任意保険に弁護士特約をつけていると裁判を起こす場合などには有利になります。

 

しかし、中には裁判を起こしてもとることができない場合があり、
その場合はやはり泣き寝入りになってしまうようです。

 

交通事故というのは、自分だけがいかに気をつけていても防ぎきれるものではありません。
保険の内容にしてもそうです。

いかに自分が手厚く保険をかけていても相手側がそうだとは限らないのです。

だからと言ってそのまま泣き寝入りというのも悔しいものです。

ひとまず専門家に相談してみましょう。

解決策が見つかるかもしれません。

自分に有利に

保険というものは目にみえないものにお金を払わなくてはならないので、
なんとも難しいものですが、

事故や火災等には必ず入会をするべきだと思います。

なぜなら、自分一人が気を付けていても、おこってしまうのが事故なのです。

自分だけではなく、まわりの人のためにも、保険には入っておきましょう。


 

Copyright(c) 交通事故で不幸な人が出ないために、事前に考えておくこと。 All Rights Reserved.