起こってはいけないことの交通事故でももしも起こってしまったら弁護士に相談しましょう。

事故の責任

交通事故を起こした場合には、3つの責任が加害者には発生します。

起こり得る

1つ目は、刑事罰です。

特に、被害者が死亡した場合には、ほぼ確実に刑事訴追されます。

また、執行猶予もつかないことが多いので、
実刑であれば、懲役10年前後が多いです。

 

2つ目は、民事罰です。

これは、被害者に対しての償いを金銭の形で実行することで、
基本的には、被害者が死亡していた場合には、1億円以上の
損害賠償金が発生することになります。

この金額はもちろん被害者によって変わってきます。

 

金額の基となるのが、その人が生きていたら
どれぐらいの経済力があったかということで、
老人や子供に比べると働き盛りの年齢では
格段にアップします。

 

男性と女性によっても大きく変化します。

どちらにしてもこれは、任意の保険に加入していなければ
絶対に支払うことのできない金額です。

 

最後は行政罰で、これは反則点数などをつけたり
運転免許を取り消すなどすることで、 交通事故を
起こした時点で35点が加算されますが、当て逃げを
した場合には、さらに35点が加算されます。

 

これは、交通事故の中では、最も重い反則点数で、
逃げられるものではありません。大きな責任を
負うことになるのです。

大きな責任

交通事故は自分一人で解決することではありません。

まわりの人にも沢山の迷惑をかけるのです。
被害者だけではなく、自分の家族や友人、
会社の仲間にも影響は出てくるでしょう。

 

運転の際は責任をもってハンドルをにぎりましょう。

運転は日常のことですが、とても大きな責任が
かかってくることを忘れてはいけません。


 

Copyright(c) 交通事故で不幸な人が出ないために、事前に考えておくこと。 All Rights Reserved.