起こってはいけないことの交通事故でももしも起こってしまったら弁護士に相談しましょう。

HOME

交通事故に遭うパターンは様々ですが、中でも
多い状況とは、やはり暗い夜道でしょう。

 

特に狭い路地や住宅街では街灯が十分でない場所もあり、
・散歩中に車が横を通り過ぎた際に接触の被害に遭った
・ライトを点けずに自転車を走らせていたら交差点で車が突進して来た
など、昼間では回避できる場面での事故が多いのが特徴です。

 

交通事故の治療を始めた頃に弁護士に依頼する

視界の広さ

車はライトを点けて走っているとは言え、昼間よりも視界が
狭くなるため、突発的な場面への対応能力が低下します。

また、交通事故を起こした加害者側は、視界の隅に
何か黒い魂があると漠然と思うだけで、それが人なのか
器物なのかという、瞬間的な判断が鈍ってしまうのです。

 

そのため、夜道での交通事故を防ぐためには
誰かが歩いているかも、飛び出してくるかもしれない
という緊張感を常に持ち、啓蒙意識を高めることが必要です。


あわせてスピード減速を心掛けるなど、細心の注意を払って
運転するようにしましょう。

うとうと

交通事故で弁護士を雇うタイミングは診断書が出来る前がベスト

 

こうした注意を払うだけでも、事故の発生率は変わってきます。

もしも交通事故を起こしってしまったら、弁護士(交通事故専門)に相談しましょう。

不測の事態を念頭においておく。
事故の予防にはこれが一番かもしれません。

 

また、判断力の鈍る疲れた状況などの際は、休憩をまめに挟むなども心掛けましょう。

自分が大丈夫なだけではいけないのです。

 

車のライトは急に消えてしまっていることがあります。

これは自分が運転しているとなかなか気づくことではありませんが、

ライトが一つ消えているだけで、運転の危険度はぐっと上がってしまうのです。

今は走行前にライトの点検をする人はすくないですが、教習の際、運転のライトの点検は、必ず教えられることです。

一度初心にもどって安全な運転を心掛けていきましょう。

 

Copyright(c) 交通事故で不幸な人が出ないために、事前に考えておくこと。 All Rights Reserved.